特徴のある3つのコース 

石狩平原カントリークラブは、27ホールで構成されている丘陵コースのゴルフ場です。西コースは、石狩平野を一望出来る開放感のあるフェアウェイが特徴です。中コースはアップダウンのある変化に富んだ地形が面白いプレーを誘います。南コースには池が多く、戦略、技術、正確性が求められるコースレイアウトになっています。ベント芝を使っているグリーンは、傾斜によって難易度が高い部分もあります。石狩平原カントリークラブの27ホールをプレーすれば、バランスの良いゴルファーになれると定評があります。3つのコースにそれぞれの特徴がありますが、苦手分野のないバランスの良いゴルファーになる為にとても適している設計のゴルフ場となっています。